プロフィール

三谷野 隆

時間de好転塾 塾長/内向的営業マンのパーソナルコーチ

 

 

「内向的な性格の営業マン」向けに、独自の営業ノウハウを発信

東証1部上場企業の不動産営業 を11年経験。人前で話すと思考停止→お客様の信頼失墜→最低評価。「1人の時間」 を活かして自分の性格を活かした営業ノウハウを開発。

 

その後、5年連続200名中No.1表彰、32歳最年少で課長昇進。経営層候補抜擢。年収8ケタ。内向的性格を活用した独自の営業ノウハウ・マインドを発信。

 

 

商談ができない・業務失念連発・最低評価

1984年東京生まれ。東証1部上場不動産営業担当として、新卒で入社。2つ年上の先輩が25歳時で「200名中トップ表彰」を受賞したのを見て、強い憧れの心を持ち、「トップ営業マン」を志す

しかし、初めて担当したお客様への営業の際、頭が真っ白になり、まともに商談ができなくて、お客様から担当者交代要請を受ける。

 

多忙な日々でマルチタスクを頭の中で整理できず、顧客への問い合わせ対応の遅延、顧客先提出資料の準備不十分、机は書類やふせんで溢れ、重要タスクが埋もれ、顧客からの要望事項を失念するなどのミスを引き起こす。

『上手にプレゼンするにはどうすればいいか』『どうやったらお客様と上手に話せるか』など、話の上手さを追求するも、顧客の前に立つとまともに話せない。毎回、顧客の要望に応えられず、商談はことごとく失敗。売上成果も上がらず、顧客アンケートでも酷評を受けるなどし、「ダメ営業」の烙印を押され、毎日叱られ続ける。25歳時には、人事制度最低評価を経験する。

 

 

「1人の時間」を活かした自己追及。自分の性格を活かした営業スキルを体得

26歳時に、同期がトップ表彰を受賞。心から無力感を味わうと同時に『自分を変えたい』という強い気持ちが湧き出した。そう思った時から、日々の時間の使い方や行動習慣が変わっていった。

以降、自分を変えるため、元々1人で漠然と過ごしていた休日を、全て読書に充てる。その中で、自分自身の性格が内向的であることを自覚。自分の性格を活かした営業ノウハウを追求する日々を過ごす。

「営業=話すこと」と思い込んでいたが、実践を積む中で、「話すことよりも聞くこと」や「仕事はスピード」「営業は”型”がある」ことを実感。自分は話すことよりも聞くことが好きであることに気づく

以降、聞くことを中心とした営業スタイルに変換。「いかにお客様が気分よく話してくれるか」、「どのタイミングで何をすると受注するために効果的なのか」を追求。成功体験を積み上げ、自信を深めていく。

 

 

営業マン200名№.1表彰を5年連続で受賞

27歳時には、最低評価時(25歳時)と比較し、売上成果が約11倍になる。

顧客からは「ずっと担当してほしい」「三谷野さんが担当だから案件を特命発注している」「当社のサポートに欠かせない存在」などの高評価を受け、顧客評価も向上。28歳時に、念願のトップ表彰を受賞する。以後、5年間で5度のトップ表彰を受賞。飛び級を重ね、32歳時、人事制度上、最短で課長職に昇進する。

 

 

内向的な性格を”活かした”営業ノウハウ”で成功できることを伝えたい

1人で過ごしていた時間の使い方をきっかけに人生が好転したことから「時間de好転塾」で起業。「内向的な性格の営業マン専門」として、「内向的性格は悪いことではない」「直そうとすると上手くいかない」「むしろ活かすことで、自分だけの強みがある」ことを伝えたい一心で、自身の成功体験ノウハウを体系化し、発信。

 

 

「内向的でも自分に自信が持てるようになるコラム」

 

 

公式Twitterアカウント

 

 

公式Facebookページ

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お悩み別テーマ

コラムカテゴリー

人気コラム

⇑ PAGE TOP