あえて「社畜として20代を仕事に打ち込む」という選択

2020.06.23 (火)

入社して数年経ち、相変わらず忙しい日々を過ごしている。『仕事に慣れれば余裕が出てくるだろう』と思っていたが、年次を積むに連れ仕事量や難易度が上がり、余裕のある仕事っぷりとは遠くかけ離れている。

世間では「人生は100年時代」と言われ、定年制度も実質65歳まで延長され、この先は70歳定年ともささやかれている。「人生このままでよいのか」と不安になる。しかし、具体的に今現在、転職を考えたり、会社を辞めるほどの状況ではない。しかし、何かモヤモヤしながら日々を過ごしている。そんな方へ送りたい言葉ある。

「20代は社畜で良い」ということだ。この言葉の背景には、”自分の仕事をプライドを持って、100%やりきる”、”成果にこだわる”、”どうせやるなら目指す姿を追求する”という意味を込めている。そうした積み重ねが、自分の思わぬ能力を引き出したりすることもあれば、必要なスキルを必死に習得する中で、突き抜ける瞬間があるのだ。

 

20代はスキルの習得、失敗と小さな成功体験を積む時間

20代とはどういう期間だろうか。今、30代、40代、50代の方も自分のことを思い出してほしい。おそらく多くの方が、【失敗】していることだろう。そして【上司に叱られている】ことだろう。失敗することが悪いのではない。肝心なことは失敗を糧にして、成功体験に繋げることができているかということ。その経験がその後の人生で自信になる。

 

やりきると30代以降の仕事に対する視野が広がる

そんな失敗を繰り返しながらも、自身の目標に向けて突っ走ることができると何が起こるか。それは30代以降の仕事に対する視野が広がるということだ。20代で目標に向けて全力を注ぎ、何らかの結果が出るようになる。それは仮に当初描いた目標の100%出なくてもよい。自分の中でやりきることに意義がある。

そうすると、30代になり、その突っ走っていた自分が俯瞰して見えるようになる。同じように20代で仕事に打ち込んでいる人を見て、「あぁ、自分もこうだったな」と感じることもあるだろう。そして自分自分、20代で仕事をやり切った自信と多数の失敗を糧にした経験から、仕事に対する視界が広がるようになる。

具体的には、「30代で自分の目指す姿の模索」だ。20代は夢中で何かを追いかけ続けていた。それを達成した。30代になって目標はどこにあるか。そんな”モヤモヤ”した気持ちになる。そして更に社内で出世を目指す者もいれば、会社員としての限界感を感じ、働き方や在り方を考えるフェーズに入る人もいる。つまり、そのモヤモヤは20代の時にやりきった30代にしか得られない感覚なのかもしれない。

 

身体は壊さないように体調管理も万全に

冒頭で「社畜になれ」ということをお伝えしたが、これは朝から晩まで働けということではないことにご注意いただきたい。”目標に向かってがむしゃらにやることは悪いことではない”ということだ。無理をして体調を崩してしまったり、精神を病んでしまっては元も子もない。

ただ、「社畜」という言葉が必ずしも悪いことではなく、自分の目標ややるべきことがその会社になるのならば、20代の期間限定であえて社畜になりきり、その目標をひたすら追求することには価値があるということを、実体験からお伝えする。

 

 

 

 

7日間で「口ベタでもトップ営業になれた秘密が分かる」メール講座(無料)

 

『営業マンなのに、お客様と何を話していいか分からない』

 

『営業マンなのに、お客様と会い続ける日々に疲れている』

 

『営業マンなのに、商談の話をするのが苦手だ』

 

『営業マンなのに、営業成績が上がらず、上司に怒られてばかり』

 

『自分にはコミュ力が低いから向いていないのかもしれないな』

 

そんな性格の人が、7日間で「口ベタでもトップ営業になれた秘密が分かる」メール講座(無料)があります。期間限定で無料でご提供しておりますので、ぜひ、覗いてみて下さいね。

 

 

【フォローして頂けると嬉しいです】
「時間を制する者は人生を制する」。毎日気づきがたくさんのお役立ちコラムが届く公式Facebookページはコチラです↓↓
https://www.facebook.com/jikande/

 

【フォローして頂けると嬉しいです】
公式Twitterはコチラです↓↓
https://twitter.com/jikandekouten</

 

コミュ力の低いダメ営業マンがたった7日間でトップ営業マンになれるメール講座 読者登録フォーム

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: あえて「社畜として20代を仕事に打ち込む」という選択

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お悩み別テーマ

コラムカテゴリー

人気コラム

⇑ PAGE TOP