ダラダラとした時間を過ごしてしまう人。1日を上手に使えるようになる時間の使い方

2020.06.18 (木)

時間は有限であることは誰しも理解していることだ。しかし、実際には常に意識することは難しいだろう。一方で「可能性」という言葉がある。「時間は有限」「可能性は無限」。有限と無限という相対する言葉だが、この2つはリンクしている。それは、「限られた時間を使うことで可能性を広げることができる」という点だ。

つまり、時間を無駄に使っているようであれば、自ら可能性を減少させていることになる。時間を自身の可能性に有効活用していれば、無限に広がる可能性がある。日常の忙しさの中で、無意識のうちに人生の主人公は自分自身であるという大事なことを忘れてしまっていないだろうか。もし忘れていないのであれば、今すぐ自分の時間の使い方を見直すことで自身の可能性を狭めることをやめよう。

 

 

スマホの操作時間は使い方次第で自己投資になる

「時間を無駄にする」というと、「テレビやスマホ」という人は要注意だ。特にスマホは単なるゲームや暇つぶしのアイテムではない。そして今をときめく成功者たちは、スマホで上手に情報収集、情報発信することで多くのフォローを得ている。時代はとうにスマホの時代を迎えており、誰でも手軽に情報収集、発信ができるようになった。もはや情報自体の価値は飽和状態にあり、低下している。

世界中の多くの人が情報を等しく吸収できる環境の中で、スマホで情報収集すらしないということになると、それは「情弱」になってしまう可能性が否めない。スマホ社会の情報収集は現代人にとって「マスト」である。

視聴率行動分析サービスを提供するニールセンデジタルが、モニター8,000名をサンプリングした分析データによると、スマホからインターネットを利用した人数は6,752万人で、前年同月の6,149万人から10%増、スマホからネットを利用した総時間数は68億時間で、前年同月比の58億時間から18%増とのこと。ここ1年だけでもスマホから情報収集する人と時間が大幅に増加していることが分かる。

面白いのは、年代別の利用者の伸び率は50歳以上が27%増と大幅な伸びを見せた点だ。スマホ利用者数の増加は50歳以上が牽引しているのだ。また、利用者の年代構成においても、50歳以上が37%と最も高いシェアとなっているとのことだ。さらに、スマホでネットを利用する時間は、18〜34歳の3時間23分に対し、50歳以上は3時間14分と、わずか9分の差しか無い。

また、50代の利用アプリのトップ3は、1位LINE、2位Yahoo!、3位Googleということから、情報収集に時間を割いていることがうかがえる。こうしたことからも、スマホの利用時間=ムダという考え方は古く、必須の時間であることは疑う余地もないところだ。

 

 

1日仕事・睡眠・自由時間の三等分法

自分のことができる時間は、何時間程度確保できていると思うだろうか。一般的な会社員を例とすると、大目に見ても約3時間~5時間程度だと推測される。通勤時間を含めた勤務時間は10時間、7時間は睡眠、4時間は生活(3食の食事、入浴、外出準備等全て)というところではないか。育児や介護、残業、仕事の付きあいが絡んでくると、当然、自由時間は減少していく。

この限られた自由時間をどのように活用していくかという点が、1日を上手に使うことができ、満足感の高い1日を過ごすポイントとなる。このほかにも、ジムなどの健康管理、知人・友人などとの交友、読書などの自己投資、趣味の時間などやりたいこと、やるべきことはたくさんあるはずだ。

しかし、無計画で、何の目的もなしに過ごしてしまう時間によって、「あぁ、今日も何もできなかった」と日々を過ごしてしまうのは大変もったいない。「時間が足りない」という方に限って、無目的、無計画でテレビを見たりしていたりしないだろうか。休日もダラダラとテレビをつけ、何となく見てしまう。気づいたら夕暮れ時…なんてこともあることだろう。まずは、その無計画、無目的な「なんとなく時間」を減らしていくところからがスタートとなるだろう。

 

 

1日を上手に使えるようになる時間の使い方

無計画、無目的に、「なんとなく過ごす時間」はないだろうか。ここで誤解して頂きたくないのは、テレビを見る時間が無駄というわけではない。帰宅後、惰性でなんとなく点け、気づいたら1時間も見入ってしまうような無計画、無目的な時間を毎日繰り返していないかということだ。

1日の時間を上手に使えるようになるには、目的を持って時間をコントロールするしかない。人生は有限、可能性は無限である。有限の時間を上手に使えるようになることで、ご自身が秘めている無限の可能性を引き出すことに繋がるかもしれない。もし、「今日もダラダラと過ごしてしまったなぁ」と後悔する日々をお過ごしであれば、まずは、「なんとなく時間」がないかどうかを見直してみると良いだろう。それにより、限られた自由時間が増加するのだ。その時間をどう使うかによって、充実した、満足感のある日々を過ごすことに繋げることができるようになる。

 

 

 

 

7日間で「口ベタでもトップ営業になれた秘密が分かる」メール講座(無料)

 

『営業マンなのに、お客様と何を話していいか分からない』

 

『営業マンなのに、お客様と会い続ける日々に疲れている』

 

『営業マンなのに、商談の話をするのが苦手だ』

 

『営業マンなのに、営業成績が上がらず、上司に怒られてばかり』

 

『自分にはコミュ力が低いから向いていないのかもしれないな』

 

そんな性格の人が、7日間で「口ベタでもトップ営業になれた秘密が分かる」メール講座(無料)があります。期間限定で無料でご提供しておりますので、ぜひ、覗いてみて下さいね。

 

 

コミュ力の低いダメ営業マンがたった7日間でトップ営業マンになれるメール講座 読者登録フォーム

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: ダラダラとした時間を過ごしてしまう人。1日を上手に使えるようになる時間の使い方

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

お悩み別テーマ

コラムカテゴリー

人気コラム

⇑ PAGE TOP