もっと上手に時間を使いたい。初めにやるべきたった1つのこととは?

2019.02.04 (月)

『時間管理に不安があります』、『もっと上手に時間を使いたいです』。働き方改革や終身雇用制度の崩壊といったキーワードが定着した現代において、旧来以上に時間と向き合うことが多くなったビジネスパーソンが増えた。

しかし、時間管理を方法論で考える前に、考えてほしいことがある。それは『なぜ時間をもっと上手に使うことができたらいいなと思うのだろう』ということだ。つまり、目的は何であるのかを考えると良い。

今回は、そのように「時間の使い方を上手にしたい」と考えた際に、まず1番初めに行うと良い目的の洗い出し方についてご紹介する。

 

 

時間管理は手段であり、目的ではない

世には「タイムマネジメント」「手帳ツールの使いかた」といった趣旨のセミナーや書籍で溢れている。ご自身も1度は目にしたり参加したことがあるのではないだろうか。

しかし、この手の学びを始める前に1点注意しておきたいことがある。それは、このような学びの場は、目的を明確にした上で学びを始めないと、せっかく学んだことも小手先の技術になってしまい、生み出した時間の使い道が無い状況になる。

それでは、目的は何だろうかという事を自問する。例えば、時間管理の目的が、ワークライフバランスを実現するための手段だとした場合とする。その場合の目的は、手帳の使い方やツールを使って時間を管理することが目的ではなく、趣味や健康、家庭に投ずる時間を生み出すための時間を作りたいという目的になる。

このように、時間管理は、方法論から入るのではなく、目的から入ることが非常に重要となる。そのためには、日ごろから、自分の時間の使い方と向き合い、自分の目的を実現していくためにどのように時間を使えば良いのかを常に自問したり、考える時間を設ける事をおススメする。

 

 

プライベートが充実したらどのような自分になれるのか

先ほどの事例を持ち出すと、目的が「ワークライフバランスの実現のため」だけでは不十分である。少し粒度が荒く、人によりワークライフバランスの定義は異なる上、ワークライフバランスも目的ではなく手段であるためだ。

それでは、加えて何を掘り下げると良いか。それは、今よりの仕事の時間が減り、プライベートの事案が増えた結果、自分はどのような気分になるのか、幸せになるだろうかということを自問することだ。

幸せになる対象は人それぞれだ。自分だけではなく、周囲の大切な家族、友人などが想定される。自分とその周囲の人が幸せになる目的で自分の時間の使い方を工夫する、上手に使う必要があるということだ。

 

 

もっと上手に時間を使いたい。初めにやるべきたった1つのこと

今回は、「もっと上手に時間を使いたい人が、初めにやるべきたった1つの方法」についてお伝えした。あくまで目的が重要である。目的のないタスクは達成することができない。目的があってこそ動機ができて、行動することができる

世の中には時間管理セミナーや時間管理に関する書籍が溢れているが、単に時間を上手に使うことを学ぶ前に、「なぜ、自分は時間を上手に使いたいのだろう」「なぜ、自分は時間を上手に使うことが重要だと思っているのだろう」と自問してみるところから始めると良い。

 

 

お役立ち情報

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
読んで下さる方々の反応が、活力となっております。

 

【リアルの場で詳しく学び最短で結果が出るおトクな講座】

2月10日(日)AM10時より東京駅徒歩5分の広々とした会場にて開催。「最低評価から5年連続トップ営業になれた理由:『時間がない』理由と3つの解決ステップ」セミナー
http://jikande.com/jissen-seminar/
【お役立ち情報が届きます】

毎日平日更新「時間に追われなくなるきっかけが掴めるコラム」はコチラです↓↓
http://jikande.com/column/

 

【フォローして頂けると嬉しいです】
「時間を制する者は人生を制する」。毎日気づきがたくさんのお役立ちコラムが届く公式Facebookページはコチラです↓↓
https://www.facebook.com/jikande/

 

【フォローして頂けると嬉しいです】
公式Twitterはコチラです↓↓
https://twitter.com/jikandekouten</

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: もっと上手に時間を使いたい。初めにやるべきたった1つのこととは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP